NEWS健康News

藤村

WRITER 藤村

2022年8月5日
お役立ちコラム

良い商品 × 適切な施工 × 真心を込める= 最高品質の住宅

新築住宅を検討する際、皆さんはどのような基準で商品を選択していますか?また選択した商品がどのような基準で施工されているかご存知ですか?
現在、世の中にはたくさんの商品が溢れています。私達、住宅建築の専門スタッフはもちろんですが、お客様もSNSやメディアなどを通じて多種多様な商品や考え方に触れることができます。そんな中、お客様はどのような基準で商品を選択すれば良いのでしょうか?絶対に後悔したくない!そのために商品を選択する際の大切なポイントをお伝えします。

①「見た目だけに囚われないこと」
デザイン性は高いが、劣化が激しい、強度が不足する、使いにくいなどデザイン性に隠れた商品のリスクを見落としがちです。住宅に使用する商品は長い期間使用するものばかりです。
一時的な見た目に囚われずに商品を選んでください。

「商品の特質(良い点・リスク)を理解して選択する」
商品の良い点とリスクを理解した上で比較検討して商品を選択していることが重要です。

「使い勝手や機能性は自分の使用目的にあっている」
その商品を選択しようとした本当の理由を見失っていないか?を改めてご確認ください。費用や見た目に惑わされて本来の目的を見失っていることがあります。

「長年使用した際のメンテナンス性の確認(ランニングコストの検討)」
選択した商品はどのようなメンテナンスが必要になり、どれくらいの期間にどれくらいの費用がかかるのかを理解することが大切です。
最初は良かったけど、数年でボロボロ・・・など良くある話です・・。初期費用だけに囚われずに5年、10年使用した際のランニングコストまでしっかり検討しましょう!

上記内容は、商品や性能、間取りなど様々な選択を要する場面でぜひ確認して頂きたい内容になります。後々の「こうすれば良かった~」を失くす大切なポイントになります。

次に適切な施工に関してです。
どんなに良い商品を選択しても適切に施工されなければ、その商品の特質は100%発揮されません。もちろん商品にはそれぞれ「決められた施工」が存在し、施工方法が詳細に記載されています。では、建築現場で適切な施工をされているかどうか?は何を確認すれば良いのでしょうか??それはズバリ!!「建築現場」を見ればわかります。
適切な施工を実現するための条件とは、「決められた施工を守ること」「丁寧に施工されていること」「施工を確認して次に進めていること」が条件となります。
上記の条件を満たすために必須になってくることが、「現場の綺麗さ」です。現場が綺麗でなければ「施工不備や間違えの原因だけでなく、心が乱れ、怪我の発生や手抜き工事、確認不足」を生み出します。
現場綺麗=「丁寧・適切な施工を実現するための環境が整っている」ということになるのです。そして、そんな現場でだけ生まれる技術があります。それは・・
「お客様の幸せを願い、真心を込めて施工する」という素晴らしい技術(思い)です。この技術は「最高品質の住宅」を建築するための大切な技術であり必須条件です。
これから家づくりを検討されている皆様。【良い商品 × 適切な施工 × 真心を込める = 最高品質の住宅】この方程式は掛け算です。何かひとつでも欠けると実現しません。皆様の大切なご家族が一生涯住み続ける夢のマイホーム実現のために、妥協せずに大切に・・ひとつひとつの選択に「最善の検討」と「たくさんの愛情」を注ぎながらぜひ家づくりを楽しんでください!! 


【スタッフの展示場紹介!】
最後に私のおすすめの展示場をご紹介します!


⇒ hitマリナ通り展示場

家族と地球に優しい住まい

健康住宅の「anmin外断熱工法」を使用した高性能住宅+太陽光発電の相乗効果で光熱費の負担を限りなくゼロに近づけたお家です。 冷暖房効果を極限まで高め、太陽光発電との相性もバツグン!大きな窓から見える緑と光に満ちた気持ちの良い空間も楽しめます。家族と地球にエコロジーなお家をぜひご覧ください。

心よりお待ちしております♪