最新の制震工法

健康住宅が考える、これから先の「地震対策」
耐力壁+“制震”という最新技術で住まいを守る

最新の制震工法

これまでの軸組み工法のしなやかさに2×4工法の強度を兼ね備えた既存の耐力壁構造に加えて、「制震」という考え方を取り入れたこれからの地震対策に取り組んでいきます。

耐力壁に“制震”という安心機能

2回の震度7に耐えた最新技術。95%の揺れ幅を低減しました。
MIRAIEの技術が熊本城でも使われています。

  • 揺れを
    最大-95%
  • 資産価値を
    守る
  • 90年
    メンテフリー

制震とは

  • 耐震
  • 制震

揺れを熱に変えて吸収する「高減衰ゴム」。
長期に渡り、地震に備えます。

エネルギー吸収材に使われる「高減衰ゴム」は、ほとんど弾みません。
これは運動エネルギーを熱に変えて吸収・発散するためです。
90年間メンテナンス不要なので、手間もかからず、エネルギー吸収材に最適な素材です。

過去の地震では本震でダメージを受けた建物が、その後の余震で倒壊に至るケースも少なくありませんでした。

制震ダンパー非装着の場合

何百万円も必要になることもある
大地震後の補修費リスクを抑えます。

地震の揺れにより損傷を受ける箇所は数多くあります。それぞれ補修が必要になった場合、高額な費用が発生する可能性があります。
住まいの損傷を軽減することで、補修費発生リスクを低減することができます。

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]