友の会通信

2020/06/07 健康住宅の出来事 友の会通信

完成見学会でKBC九州朝日放送『シリタカ!』の取材を受けました。

完成見学会を予約制で開催していますが、昨日はなんとKBC九州朝日放送の人気番組の『シリタカ!』の取材がありました。

『シリタカ!』は、『まいにちの知りたい!にまっすぐ』というコンセプトで、毎週月曜〜金曜 夕方6:15〜7:00にKBCにて放送されています。 地元のニュースが知りたい、暮らしに役立つ情報が知りたい、そんな地域の皆様の関心や好奇心に全力で応えて「なるほど!」と納得できる情報をお届けしている番組です。(KBC九州朝日放送番組ホームページ解説より)

メインMCの長岡大雅さんが「かしこまらずにポジティブに!忙しい夕方が楽しくなる」ように様々な情報を発信しています。今回は非常事態宣言の解除後、企業活動において様々な変化が起こっている現状を、WEBでの見学会という切口で取材頂きました。

健康住宅グループではこの非常事態宣言の間、休業と在宅を併用しながら、リモートワークの実践にチャレンジ、家づくりをご検討されているご家族様に少しでもお役立ちが出来るようにと、社員全員で取り組んで来ました。

4月上旬は『ZOOMって何?』、、といった言葉が飛び交っていました。映った顔が逆光で真っ黒!(光に向かって座ると良いようです)、画面共有しているつもりが、お客様には見えていない、ミュートのままで口パク状態、思いの他通信量を消費する、、都度対応しながら改善していきました。社内の通常業務もソーシャルディスタンスの確保との意味でWEB会議に移行していました。各部署の会議、週1回の社長塾等日常でTV会議を利用しながらノウハウを蓄積していきました。

図面や資料をプレゼンする際の見え方なども工夫が要ります。お客様と同時に画面操作が出来る他のTV会議システムも利用しました。お客様が見たい場所を指示し、そこに健康住宅スタッフがマーキングを重ね、画面上のチャットで情報をやり取り、すぐさま次の資料をダウンロード、、、、まさに未来の打合せです。資料を具体的に見ながら打合せを進める事でお客様も安心して家づくりを進めることが出来ます。

一部のスタッフは、VRツールを利用してお客様が空間をリアルに体感出来る工夫もしていました。

WEBでの完成見学会も、回数を重ねていくうちに様々なノウハウが蓄積されていきました。お客様にとってのメリットも多く、『移動が無くて助かります』『見たい場所がすぐ見れて、質問をしながら参加出来るので分かりやすいです』といったご意見を頂きました。

スマートフォンの画質、カメラを動かすスピードなど、工夫の余地はまだあります。今後もより良いWEB見学会が出来ますように進化させて参ります。

友の会通信の最新記事

健康NEWS

アーカイブ

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]