友の会通信

2020/05/07 健康住宅の出来事 友の会通信

健康住宅グループは『チャレキッズ』の活動を応援しています。

2020年2月に開催しました、チャレキッズでのイベント『夢をひらくお仕事チャレンジフェス2020』のレポートです。

一般社団法人チャレキッズ様は障がいのあるお子様と社会とをつなぐ為の様々な活動をしている団体です。健康住宅グループは法人会員として活動を応援しています。このお仕事チャレンジフェスでは、様々な企業がお仕事体験の場を提供し、お仕事体験を通して互いに学びを深めるという意図で開催されています。

今年は昨年の『住宅模型製作』から進化して、3D住宅デザインソフトを利用して実際の住宅設計にチャレンジして頂きました。あらかじめご家族で自分のお部屋のこと、夢のマイホームについてお話をして頂き、当日の家造りいざ挑戦!

お子様達は今回、全く初めて使うソフトでしたが、参加された皆さんがPCスキルがとても高く、飲み込みの速さにこちらがびっくり! シンプルな住宅で一通り練習してから、早速プラン作成に取り組みました。実際に自分が住んでいる家と比較しながら、自分の理想の家をつくっていきます。操作は簡単で部屋をパズルのように組み合わせていきます。階段の上下階の位置、水回りの動線などほんの少しアドバイスしただけで、驚きの間取りが完成です!

3Dマイホームデザイナーという、家庭用の住宅デザインソフトなのですが、直感的な操作感で、間取りと外観を簡単に作成出来ます。全国では、実際にこのソフトを利用して家造りのイメージを楽しんでいる方が沢山いるそうです。 準備していった参考プランを見ながら、玄関、ドア、窓、各種設備機器をどんどん入力! 屋根のかけ方をアドバイスして、いざ立体化!!

切妻屋根の素敵なデザインの住宅が出来上がりました!! ここまでにかかった時間は1時間!!!立ち会った社員、チャレキッズのスタッフさん、保護者様もこれにはびっくり!!子どもたちの豊かな感性を目の当たりにして、歓声が上がった程でした。

私達にもたくさんの学びがありました。情報の伝え方、機材や課題設定、声のかけ方、コミュニケーションのあり方、分かりやすい表現やマニュアルのあり方、、、普段私達が職場でしている『家づくり』に対して多くのヒントを頂きました。

チャレキッズの活動は、様々な広がりを続け、2019年には文部科学省・厚生労働省後援 住友生命社会貢献事業、第 12 回『未来を強くする子育てプロジェクト』の「子育て支援活動の表彰」の部門において、スミセイ未来大賞・文部科学大臣賞 に選ばれています。

また、コロナウイルスで在宅を余儀なくされているお子様達を取り巻く様々な状況を調査するアンケートを実施、その情報をホームページで公開しています。私達がいますべきこと、そして出来ることを一つひとつ進めていく必要があると改めて気づかせて頂きました。心より感謝申し上げます。

友の会通信の最新記事

健康NEWS

アーカイブ

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]