健康住宅日記

  • ホーム
  • 2020年
  • 6月
  • 1日
  • 福岡で注文住宅を検討中の方へ!注文住宅での失敗例と成功例を紹介します
2020/06/01 健康住宅日記

福岡で注文住宅を検討中の方へ!注文住宅での失敗例と成功例を紹介します

せっかく注文住宅を購入するならば、実用性があり、個性的な家を建てたいですよね。
しかしいろいろ取り付けすぎて失敗したらどうしようと思っていらっしゃる福岡在住の方も多いのではないでしょうか。

以下では注文住宅における失敗と成功についてその具体的な例を挙げて紹介します。

□注文住宅で実際に起こった失敗例について

 

*窓の位置

 

窓の位置に関して多い失敗が、人通りの多いところに窓ガラスを配置してしまうことです。
窓からの採光量を気にして明るい部屋を作ろうと心掛けることは大事ですが、採光量的に最も良い位置でも、その場所が人通りの多い道に接しているならば避けた方が無難だと思います。

 

*コンセントの位置

 

恐らく多くの方がコンセントの位置についてそれほど関心を持っていらっしゃらないと思います。
それゆえ適当にコンセントの位置を決めてしまい、人がいつも通る通路にコンセントを配置してしまったという失敗例がよくあります。
特に狭い通路にコンセントがあると非常に邪魔になるので、コンセントの位置には十分注意しましょう。

 

*脱衣所やトイレの床の色

 

脱衣所やトイレに清潔感を出そうと床を白色にすると、思いもよらない失敗が起こります。
それは意外にも脱衣場やトイレは髪の毛が落ちることが多く、床が白いことで少しの髪の毛でも目立ってしまうことです。
脱衣所やトイレの床は濃い色を使うと良いでしょう。

 

□注文住宅づくりを成功させるためのポイントとは

1つ目は実用性のある設備を設置することです。
例えば、歩いて入るほどのスペースがあるウォークインクローゼットを作ることが挙げられます。
このように、非常に大きいクローゼットを作ることで着替えが非常に楽になるでしょう。

2つ目は見た目にこだわることです。
注文住宅は自分の意見を反映させて、思い通りに家を作れます。
せっかく自分の考えを取り入れるのですから、北欧風の家や、日本古来の情緒ある家などにしてみても良いかもしれません。

3つ目は心安らぐ空間を作ることです。
例えば読書やBBQができるウッドテラス、風景を楽しめる中庭、薪ストーブや暖炉を設置してみるのも面白いでしょう。
一般的な家にはない「プラスワン」の設備を作ることでワンランク上の生活を楽しめます。

 

□まとめ

上記のような失敗、成功の例を参考に注文住宅を検討してみましょう。
また成功例などをまねしてみることは重要ですが、注文住宅は先ほども述べたように自分の意見を反映させて、家を作れるので個性的な家を作ってみましょう。

また福岡在住の方で注文住宅を検討してみたい方はぜひ当社にご相談ください。

健康住宅日記の最新記事

健康NEWS

アーカイブ

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]