健康住宅日記

  • ホーム
  • 2020年
  • 5月
  • 22日
  • 福岡にお住まいの方へ!注文住宅で理想の内装を実現する方法についてご紹介します
2020/05/22 健康住宅日記

福岡にお住まいの方へ!注文住宅で理想の内装を実現する方法についてご紹介します

注文住宅にとって外装はもちろん大事な要素ですが、内装も大切ですよね。
しかし、おしゃれな内装を実現しようと思っても、何を気をつけたら良いかわからない方がいらっしゃるでしょう。
そこで今回は注文住宅で理想の内装を実現するためのポイントについて紹介します。

□内装で大事なのはズバリ「配色」

おしゃれな内装と聞いて思い浮かべるイメージは人それぞれでしょう。
異国のような雰囲気が好きな方もいらっしゃれば、和風なデザインが好きな方もいます。
しかし、どの内装にも統一感という共通点があります。

では、内装で統一感を出すためには、どうすればいいでしょうか。
内装で統一感を出すために、大切な要素の1つが「配色」です。
例えば、1つ1つがおしゃれな家具でも、バランスの悪いカラーの家具があると、全体的の印象がちぐはぐになってしまいます。

基本的な配色のバランスの理想は、ベースカラーが70%、メインカラーが25%、そしてアクセントカラーが5%だと言われています。
ベースカラーとは主に天井や床などに使われる色で、文字通り部屋のイメージのベースとなる色です。
メインカラーとは、ソファーやカーテンなど比較的広い面積の家具に使われる色です。
アクセントカラーは、置物やクッションなどに使われる色で、面積が小さいため、目立つような色がよく使われます。
このように配色するだけで、ある程度統一感のある内装が出来上がるでしょう。

 

□意外と大事なコンセントの位置と数

注文住宅の内装で意外と失敗しがちなのがコンセントの位置と数です。
あまり考えずにコンセントの位置や数を決めてしまうと、置く予定だった場所に家具が置けなかったり、配置的に家具の後ろにコンセントが来てしまい、差し込むことができなかったりといった失敗につながります。
そのため、設計の段階でどの位置にどのような家具を置くかイメージしておきましょう。
例えば、子供部屋のコンセントは学習机を置く場所の近くに設置したり、キッチンなどは使用する家電が多いため、コンセントの数も必要に応じて多めにしておくなどしておくと、完成してから後悔することがなくなります。

 

□まとめ

今回は注文住宅の理想の内装を実現するためのポイントについて解説しました。
前半で内装の配色について、後半でコンセントの位置と数についてまとめましたが、どちらも理想の内装を実現するには不可欠な要素です。
福岡で注文住宅をご検討中の方は、是非参考にしてみて下さい。

健康住宅日記の最新記事

健康NEWS

アーカイブ

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]