社長日記

2019/03/11 社長日記

あれから8年…

今日は3月11日…東日本大震災から8年が経ちます。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私、実は、震災の年の11月に被災地へ行く機会がありました。宮城県石巻でラーメン店を営んでいる友人がラーメン店を再開したというので、仲間7~8名で誘い合って、その友人のお店でラーメンを食べてそいつを励まそう!というおじさんツアーでした。
被災から8ヶ月が経つというのに、場所によっては、がれきの山も多く、昼間は多くの人たちが掃除をしたり、まだまだ復興の真っ最中ではありますが、人声が聞こえ、犬が走り回り、それなりに賑わっていました。

その日の夜、友人が見せたいものがあると言って、何故か私たちを車で昼間に見た、少し離れたがれきの山に連れて行ってくれました。車のライトに照らされたそこには昼間の喧騒は無く、静まり返って誰も居ませんでした。これを見せたかったんだなと思った矢先、友人が突然、ライトを消して、車のエンジンを止めたんです…その日の空は曇りで、星空は全く見えませんでした。
ライトを消したとたん、そこに広がったのは漆黒の闇でした。目を開けているのか閉じているのかも分からない、耳を塞いでいるのかどうかも分からない、正に「無音の漆黒の闇」だったのです。
その瞬間、私たちは石巻の現実を知り、暗闇には小さなすすり泣きが響きました。被災から8ヶ月も経っているのに、水道、ガスはおろか、電気も…1万8500人が命をなくした震災は、実は何も復旧していなかったのです。
3月11日を迎え、何事も無かったかのように毎日を過ごしてしまっている今、自分にできることが何かあるかも知れない…そんなことを思いながら、一人で福岡の空を眺めています。
畑中

社長日記の最新記事

健康NEWS

アーカイブ

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]