NEWS健康News

2019年9月12日
SDGs(エス・ディー・ジーズ)

生命を守り、家族を守り、『住み続けられる家』へ、健康住宅のリノベーション

福岡市西区橋本に健康住宅㈱のリノベーションへの新しい提案を盛り込んだモデルハウスが完成しました。リノベーションで『断熱性能』と『耐震性能』を、最新の高性能住宅と同レベル、またはそれ以上の性能を確保した『受け継がれる家』です。

一見新築!と見間違うスタイリッシュな外観、築38年の戸建住宅のフルリノベーションです。先日の内覧会では、多くのご家族様にご来場頂きました。

健康住宅㈱は昨年8月よりSDGs宣言(持続可能な開発目標の実現へ実践を開始)をしています。リノベーションはまさにSDGsの実践そのものでした。住宅を解体するのではなく、リノベーションをすることによって、社会に増え続ける住宅ストックに対して、住宅会社としての責任を果たすという意味もあります。

来場されたお客様の多くが『前の家から想像つかない!』『私達の家もこんな風に変わるの?』『近所の皆に見せたい!』口々にリノベーションが生み出す驚きの変化を口にされました。

素材の組み合わせで、落ち着きと和の感覚が生まれます。

ダイニング横の多目的カウンターは、学習コーナー、ご主人のPCスペース、、、暮らしの夢が広がります。

素材も九州各地から地域ならではの素材を厳選、地域の魅力の発掘と伝統技術の継承を目指しています。

リノベーションは、断熱性能、耐震性能をしっかりと確保することで、『生命を守り、家族を守る』新しい住まいへと進化します。

健康住宅はお客様に寄り添い、断熱性能と耐震性能の向上によって、生涯に渡ってお客様を守る家を提案して参ります。