NEWS健康News

2019年5月21日
SDGs(エス・ディー・ジーズ)

SDGsフォーラムin八女(JC福岡ブロック大会)にて代表が講演致しました。

公益社団法人 日本青年会議所(JC)の福岡ブロック大会にて、SDGs推進フォーラムが開催されました。

当社代表が、SDGsの実践企業としての取組をご紹介させて頂きました。

JC様はSDGsへの取組を早くから実践され、外務省と『SDGs推進におけるタイアップ宣言』を取り交わすなど、SDGsの普及啓蒙に組織を上げて取り組んでおられます。SDGsアンバサダーによる中小企業へのSDGs普及など、素晴らしい活動を実践中です。健康住宅との窓口となったT議長は、SDGsの重要性を熱く語られ、まさに『SDGsの伝道師』といった印象でした。

高性能住宅・省エネルギー住宅に長年に渡って取り組んで来た健康住宅では、2018年8月にSDGsを宣言しました。今までの自社の企業活動を総括し、SDGsの17のゴールと169のターゲットのうちどの項目が実践項目になるのかを何度も協議を重ねました。

SDGsの包括する範囲は多岐に渡り、自社活動の様々な部分がSDGsとつながっている事が理解できました。SDGs宣言をすることで、様々な変化が生まれていきました。『世界とつながっている』感覚、自社の企業活動が社会的使命を果たしているという実感を持てること、様々な波及効果につながったのでした。

住宅性能のさらなる進化や木材の調達といった、住宅会社としての進化に加え、女性活躍会議、環境活動の一環としてのリサイクル運動の実践スタート、現場での木材リサイクル、、、様々な活動がスタートしました。その変化を生み出す大きなきっかけとなるのがSDGs宣言なのでした。

SDGsの実践活動については今後も情報を発信して参ります。