NEWS健康News

2020年4月18日
我が社の出来事

力強く咲き続ける黄色い花

健康住宅㈱本社の国道202号線沿いの緑地では、別府5丁目老人会の皆様と一緒に花を育てています。国土交通省九州地方整備局・福岡国道事務所の管轄するボランティアサポートプログラムです(※補足1)幸せの黄色い、、ではありませんが、黄色は健康住宅のコーポレートカラーでもあり、幸せを運んで来てくれるようにとの願いを込めています。

黄色にはコミュニケーションを促進したり、脳を刺激して人の行動を活性化する働きがあるそうです。

また、黄色を見ていると集中力が身についたり、晴れやかな気分にして心を明るくしてくれます。黄色は色々なものを豊かにする色でもあります。元気に咲き続けるこの花達も夕方になって気温が下がってくると、花びらを閉じるのでした。(チューリップやクロッカスといった花なども同じです)

↑夕方、花壇を見てみると花が一斉に閉じています。毎日開いたり閉じたりを繰り替えしているのですね。まるで明日に向けてしっかりと力を蓄えているかのようです。

花壇の一部では、SDGsの掲示と共に、黄色い花が咲き続けています。

この事態の一日も早い終息を心よりお祈り申し上げます。

 

(補足1)~国土交通省九州地方整備局・福岡国道事務所ホームページより

国土交通省九州地方整備局・福岡国道事務所『ボランティア・サポート・プログラム』解説より

地域住民や企業の皆様に道路の美化清掃に参加して頂き、皆様と共に快適な道づくりを進めます。

活動としては、道路管理者と市町村等の協力と、住民グループや商店街等の実施団体と協定を結び、道路の植栽の剪定、草花の手入れ、ごみの清掃等を行うことにより、道路を愛着をもって利用して頂くものです。期待される効果としては、道路を使う人のマナーが向上、地域住民と行政とのコミュニケーションの活性化、地域住民の道路美化意識の向上となります。

福岡国道事務所管内では、平成30年3月30日現在で143団体5,717名と協定締結して活動して頂いています。