ネオマフォームについて

最高性能の断熱材がつくる高性能で健康な住まい

ネオマフォーム

お住まいを最高性能の断熱材ですっぽりと覆い、構造体が外気に触れないようにする事で、住宅内を温度差の無い理想的な室内環境に保つ『温度のバリアフリー』が実現します。


圧倒的な断熱性能0.020W/(m・K)が室内を快適にする。

何故、最高性能のボード状断熱材にこだわるか?

寒い冬に室内に温度差があると、ヒートショックなどの健康被害を引き起こすことは有名です。健康で快適な暮らしを実現する為には、断熱材の選定はとても重要と言えます。

そこで、最高性能の断熱材(ネオマフォーム)でお住まいをまるごとすっぽりと覆い、構造体が外気に触れないようにする事で住宅内を温度差の無い理想的な室内環境にする事ができます。この事で、温度差が生じやすいトイレや浴室は元より、床下や天井裏までリビングと同じような温度で維持することができます。

断熱材が『温度のバリアフリー』を可能にし、安心の暮らしが実現します。内部結露の原因となる繊維系断熱材ではなく、ボード状断熱材を採用する事で、結露を防ぎ、高い気密性も可能にします。

環境性能の高さや、燃焼時に有毒ガスを発生させないという安全性もネオマフォーム選定のポイントです。健康で安全な住まいづくりのために、健康住宅は断熱材にも徹底的にこだわります。

最高レベルのボード系断熱材(ネオマフォーム)

当社の断熱材は、脅威の断熱性能を発揮する高性能フェノールフォーム(ネオマフォーム)を採用しています。最高レベルの断熱性能を誇る次世代高性能断熱材であり、住宅金融支援機構で定められた断熱性能はFランク(最高等級)です。

  • 家の外側が断熱材ですべて包み込まれます。
  • 遮熱シート+断熱材で小屋裏の木材も常温に近い状態になり、ロフトや小屋裏 収納など利用価値が広がります。

繊維系断熱材との違いは?

繊維系断熱材(従来)
水分を含んだ空気が建物内(壁体内)に浸入しやすく、内部結露の可能性が高くなります。
ボード系断熱材(ネオマフォーム)
構造躯体の外側に隙間なく施工することができるので、構造躯体の耐久性を確保することができます。

ネオマフォームの特徴

  • 1世界最高レベルの断熱性能

    数値が小さいほど、断熱性能が高いことを表す熱伝導率。ネオマフォームは世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても、圧倒的な断熱性能を誇ります。

  • 2断熱性能の長期維持

    独立気泡率が高く、気泡膜のガス透過性が極めて低いため、中に閉じ込められた断熱ガスは空気との置換が少なく、長期にわたって高い断熱性能を維持できます。

  • 3安全性

    炎をあてても燃え拡がらず炭化し、発生ガスの少ない高い耐燃焼性能を持ちます。
    ネオマフォームは、硬質ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレンに比べ、燃焼時の一酸化炭素及び二酸化炭素の発生量が少なく、有毒で殺虫剤などにも用いられる、シアン化水素の発生もありません。

    燃焼時発生ガス分析(素材1gあたりのガス発生量)

    試験機関:(財)科学技術戦略推進機構高分子試験評価センター

    ネオマフォームは炎をあてても炭化することから、燃え拡がっていきません。したがって、使用断熱材全量での発煙量は、他の燃え拡がっていくプラスチック系断熱材と比較すると極めて少なくなります。

    耐燃焼性能の検証
    燃焼性比較実験(当社にて各耐熱材厚み25ミリ品に1分間トーチバーナーで放射実験を実施)
  • 4地球環境との共生

    フロンを使わない“グリーンガス”発泡です。

    1. オゾン層破壊係数=「0」
    2. 地球温暖化係数=「35」

    ※グリーンガス:炭化水素(HC)ガス。オゾン層の破壊がなく、地球温暖化係数もフロン系ガスよりきわめて低い自然界のガスです。

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]