耐力面材モイス

素材にも強度にもこだわります

耐力面材モイスTMを採用

当社では、一般的に使用されている構造用合板の代わりに、消石灰・硅砂・バーミキュライトなどの天然素材から構成されている耐力面材モイスを採用しています。

モイスの特徴

珊瑚の化石が主成分で、「免疫住宅」「抗酸化工法」「活性酸素除去」などのもとになる抗酸化物質(液体)です。その効能は半永久的に持続するといわれ以下のような効果があります。

  • 1
    揮自然素材

    製造過程でも接着剤などの有機材料は使用せず、有害物質を含みません。
    住宅建材としての使命を終えた後には、土に戻り有機肥料や農・園芸用資材として再利用することができます。
  • 2
    地震に強い

    9.5mm厚、釘N50で壁倍率2.7倍を実現。
  • 3
    シロアリに強い

    シロアリが好む成分を含まない為、防蟻処理が不要なうえ、防蟻剤によるシックハウス症候群のおそれもありません。
  • 4
    VOC吸着、分解

    VOC(揮発性有機化合物)を一切含みません。また、ホルムアルデヒドの吸着・分解も行います。
  • 5
    火災に耐える

    防火構造(30分)準耐火構造(45分)取得。
  • 6
    調湿・保湿性

    透湿性にすぐれ家屋全体の湿度コントロールにも一役かっています。

地震に耐える

モイスTMは、壁倍率2.7倍(壁倍率1というと約200kgf/mの耐力を持つ壁)という強さをもち、
柱や梁よりも 負担のかかる壁の強度をアップしています。

地震や台風によって建物に生じる力を負担しているのは、柱や梁ではなく耐力壁と言われる部分です。

  • 筋かいの場合

    筋かいは、圧縮方向の力に対しては有効に働きますが、引っ張りに対して十分な抵抗力があるとは言えません。
  • MOISS TMの場合

    MOISS TMなら、壁面が一体となり、力が分散されるので地震に強く、しっかり受け止めます。 MOISS TMは新基準(平成12年改正)にて認定を取得しています。

カタログ

モイスTMのカタログをPDFにてご覧いただけます。

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]