外断熱とは

『夏はひんやり 冬はぽかぽか』の秘密

外断熱・高性能住宅とは?

健康住宅(株)は、高性能住宅のパイオニアとして常に新しい技術や工法に目を向け改良を重ねてきました。これからも快適で過ごしやすい住まいづくりに取り組んでいきます。

オリジナルの外断熱工法

健康住宅の外断熱工法は「夏はひんやり」「冬はぽかぽか」、快適な室内環境づくりにこだわっています。
※下図は外断熱の場合の温熱環境のイメージパースです。ボタンに触れると、夏と冬の時期の断熱の仕組みにイメージが切り替わります。

家の外側を魔法瓶のように断熱材で覆ってしまう工法です。住宅に使用される膨大な木材、建材、構造材が室内側の温度環境の味方をする蓄熱材として働きます。構造材が部屋の温度に近くなり、壁、床、天井は冬は暖かく、夏は冷たくなります。輻射熱による『夏はひんやり冬はぽかぽか』の快適な室内環境が実現します。

外断熱にこだわり続ける理由

  • 1健康に暮らせる住まいであるために

    1. 結露を防ぐことで、カビ・ダニによるアレルギーやシックハウス症候群を防ぐ。
    2. 室内外の温度差が少なく、ヒートショックを防ぐ「温度のバリアフリー」を実現。
    3. 高い気密性能が空気の流れをコントロールし計画換気を可能にする。
  • 2省エネで快適な住まいであるために

    1. 熱効率が極めて良く、ランニングコストが安い。
    2. 家全体がすっぽり覆われた魔法瓶のような構造であるため保温性能が非常に高く温度差のない環境をつくる。
    3. 構造体が室内空気の味方をする蓄熱材として働き、輻射熱の放出による快適な環境をつくりだす。
  • 3一生に一度のマイホームが長寿命で長持ちするために

    1. 構造躯体や床下が外気の影響を受けず、乾燥しているためシロアリ被害を受けにくい。
    2. 結露が発生しないため、構造躯体の健康が維持でき、家が長持ちする。
  • 4いつまでも心地よく一年を通じて快適に生活するため

    1. 「外断熱工法」だけではいつまでも心地よい本当の健康住宅とはなりません。
    2. 最高の材料と長年に渡って改良を重ねてきた技術が本当の『健康住宅』を可能にします。

外断熱工法がつくりだす健康で快適な室内環境(冬の室内環境)

通常の内断熱工法では、柱などの構造部分が外気に接しているため、そこから外の温度に影響を受け、結果的に「夏暑く、冬寒い」という環境になってしまいます。しかしながら外断熱工法では、建物をすっぽりと断熱材で覆うため、外気が室内に入り込みません。そのため、常に快適な温度で過ごすことができるのです。

外断熱工法の壁内のイメージ図

  • 外断熱工法
  • 充填断熱工法

基礎も外断熱 構造体すべてをすっぽりと覆うことではじめて快適な温度環境が実現します

一般住宅と外断熱・高性能住宅の比較 健康な暮らしのために

科学の目を通してみると健康住宅の「あんみん外断熱工法」は、一般住宅と明らかにその性能が違います。下の写真は赤外線カメラで撮影した冬季の一般的な工法の住宅を比較した写真です。この色の違いが性能の差を示すものです。

外観比較

健康住宅の高性能住宅の外観

熱カメラで写すと寒々とした青色ばかりです。しかしこの青色が確かな住宅性能を示しています。
開口部からも軒板からも、ほとんど熱が漏れ出していません。省エネルギーで効率的な暖房が実現している証拠です。

※住宅の外に全く暖房熱が漏れ出していません。これが性能の差です。
一般住宅の外観

オレンジ色は、壁面や開口部を通じて暖房熱が外に流れ出ている様子です。室内の暖湿気を含んだ熱が壁の断熱材の中に入り込んで、外気に冷されて結露を起こす危険性があります。

※断熱不良で、暖房熱が外に漏れています。赤い部分が熱が漏れている部分です。

内観比較

健康住宅の高性能住宅の内観

室内は、壁面全体がカーテンと同じオレンジ色です。窓ガラス部分も樹脂サッシとアルゴンガス封入ダブルLOWーE・二重遮熱ガラスが採用されているので、ガラス部分が一般住宅の壁と同じ程度、断熱されていることが分かります。

一般住宅の内観

青色の十文字模様は構造材が冷やされている証拠です。カーテンの色が上下同じということは、両方とも室内の空気の温度は同じだということです。全般的に青・緑色部分が多いのは壁の温度が低いということを示しています。

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]