結露しない家づくり

問題は壁の中の結露にありました

結露しない家づくり

結露は「冬だからしょうがないよね」と簡単に済まされる問題ではありません。やっとの思いで建てた夢のマイホームが結露によってじわじわと被害を受け、寿命が短くなる・・・そんなことのないよう当社は設立以来、結露しない家づくりに真剣に取り組んでまいりました。

結露してはいけない理由【結露の弊害】

恐ろしい壁内結露(カビ・ダニ・腐敗)

結露はガラス部分だけではなく見えない壁の中でも起こります。 壁の中で起きた結露は拭き取ることが出来ません。それはカビの発生を促進するだけでなく、木造であれば木を腐らせ、鉄骨であれば錆びを誘発し、住宅の耐久性が著しく損なわれてしまいます。


繊維系断熱材は内部の空気が移動してしまうので断熱材のどこかで必ず温度差が生じ、結露が発生してしまいます。

小児喘息・アトピーなどのシックハウス症候群

結露によって湿った材木を栄養源としてカビが発生し、カビの胞子やダニの死骸・糞が空気中に飛び回り、そこに住む人の体内に吸収されます。人が人生の中で一番体内に取り入れている物質の重量比のうち室内空気が65%を占めています。実は、食べ物と飲み物は合わせても15%にしかなりません。
結露をシャットアウトすることで、室内空気を常に綺麗に保ち、シックハウスの大きな原因であるカビの大部分を排除することができるのです。

  • サッシの種類によっても大きな違いが出ます。(健康住宅資料館 結露実験装置)
  • 表面だけでなくサッシ周りの目に見えていない部分で内部結露が起こっています。

トリプルシャノンが結露を防ぎます

結露を抑制して健康な住まいを

トリプルシャノンIIは断熱性能が高いため、冬の寒い日にも室内側の表面の温度は低くなりにくく結露を抑制します。
結露はお掃除が大変なだけではなく、カビやダニの発生源ともなってしまいます。


  • 一般的なアルミサッシ

健康住宅株式会社

〒814-0104 福岡市城南区別府5丁目25-21 [MAP]